バーサタイル タックル /new

G.F. blog

バーサタイルタックルとして組んだ旧「ベイトタックル・1610M」からリールを変更し、ボクの真『バーサタイルタックル』となりました。

ロッド:シマノ ポイズンアドレナ(POISON ADRENA)1610M-2(2019.8入手)

全長(m):2.08

 仕舞(cm):106.5 継数(本):2  自重(g):107 ルアー重量(g):7~21 ライン:8~16lb

導入動機は旧「ベイトタックル・1610M」の通り。

実釣でもバーサタイルロッドとしてルアーの種類や重量、打ちから遠投まで汎用性が広いことを実感している。とくにボクが行くフィールドならフィネスに頼らない秋、この1タックルでことたりるだろう。

とにかくデザイン的にも、既存のバスロッドの中で一番カッコイイと思うし、手にするだけでモチベーションも上がる。コルクでなく、フルカーボン一体成型中空後端グリップ「フルカーボンモノコックグリップ」っていうのがとても好き。マットなサラサラした感触、実重量以上に軽く感じる一体感、手元にくる感度もエクスプライドよりも断然よくて、なんだか釣りが上手くなった気分になる(笑)。

気に入りすぎて、ベイトフィネス用ロッドもポイズンアドレナにしたくなってくる。けど、旧「ベイトタックル・1610M」の一件を考えると、カルカッタ コンクエスト BFS HGとの相性がたぶんボクに合わない気がする。きっと軽量のアルデバラン BFS XGに変更したくなり、また本末転倒になりかねない。アップグレードするなら少し重量のあるバンタムかも、でもまだだいぶ先の話しだろう。

シマノ ポイズンアドレナ(センターカット2ピース)1610M-2
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

 

リール:シマノ 18 アルデバラン MGL 30HG(2019.8/29入手)
ギヤー比:7.4 巻取り長さ(ハンドル1回転/cm):74 最大ドラグ力(kg):4.5 スプール寸法(径mm/幅mm):32/22

ベアリング数(BB/ローラー):9/1

自重(g):135
標準巻糸量(ナイロン、lb-m):8-100、10-90、12-65
使用ライン:フロロ12lb(クレハ シガー フロロマイスター)

ベイトタックル・1610M/実釣した結果は…」の通り、もともとカルカッタ コンクエスト DC 200の活用目的だったが、ボクが求めたバーサタイルタックルではないと判断し、本末転倒だが今度はロッドに合わせてベイトリールを選ぶことになった。

たまたまというか、すでにバーサタイルタックルの必要性が芽生えていたからだと思うが、以前かいた「パワーベイトフィネス?バーサタイル?気になるフィネス対応ベイトリール/2019」で紹介したベイトリールが対象に他ならない。もし、タックル先行だったら「ダイワ 19 ミリオネア CT SV」や「ダイワ 18 SV ライト リミテッド」が優先していたかもしれない。

ところが幸か不幸か、ロッドに合うリールを選ぶ順番となってしまったので、ちぐはぐなメーカーで揃えるのが苦手なボクは、必然的に迷わず「シマノ 18 アルデバランMGL」となった。

基本的に求めるのはバーサタイルだが、導入のきっかけになったロングキャストによるカバー打ちのウエイトが高かったので、ギア比の選択にも迷わずハイギア(7.4)を選択した。

手にした最初の印象は手にすっぽり収まるコンパクトさ、そして剛性が心配になるほどの軽さ。まぁ、『シマノ 17 カルカッタ コンクエスト BFS HG』や『シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200』を使っているので仕方ない。

ポイズンアドレナ 1610M-2にセットするとこれまがまた軽い。ベイトフィネスタックルでも約300g(ライン重量除く)、パワーバーサタイルタックルなんて約385g(ライン重量除く)。それに比べてこのバーサタイルタックルは、約242g(ライン重量除く)しかない。けれどシャープで軽量なポイズンアドレナ 1610M-2との組み合わせはとても似合っているし、実釣でキャストしてみてもまるでこのロッドのためのリールのようにシックリ、非の打ち所がないマッチング、本当びっくり。

シマノ 18 アルデバランMGL
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
クレハ シーガー フロロマイスター 12lb 320m
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

実釣した結果は…

どうしてもカルカッタコンクエストと比べてしまう。手で包み込んで巻いているとき、18 アルデバラン MGL 30HGは安心感と感度がやや劣る印象。それは当然、金属と樹脂素材の重量感と手触りの違いだろう。巻き心地自体は劣らないくらい、なめらかで気持ちがいい。

実釣といってもはじめてテストを兼ねて1時間投げてみた。20m前後のキャストはいつもの感覚でブレーキ設定をして問題ない。しかし、30m以上のロングキャストの際、ルアー重量とメカニカルブレーキと外部ダイヤルのバランスが結構繊細な印象だった。

最初のロングキャストのテストには最近よく使うベビーファットイカ(オフセットフック込み約7g)にした。ノーマルのファットイカならよく飛んで当たり前だし、ベビーファットイカをベイトフィネスタックルで40m飛ばしていたので、同等くらいは飛ばしたいという願望もあり。

いつもの感覚ではじめはルアーがツーゥと落ちるわずかに抵抗があるくらいにメカニカルブレーキを調整。そして6段階ある外部ダイヤルを4・3・2へ下げていくと、2でラインが浮いたり軽くバッククラッシュを連発。そこでメカニカルブレーキを徐々に絞めていき、5秒くらいで手元に落ちてくるくらいまで絞めると、バッククラッシュはぜんぜんしなくなり、35mくらいまでは飛んでいく。目標の7g/40mは達成できそうな余裕あり。

あくまでも7gとバーサタイルタックルでロングキャストするのには最低限の重さ。この後、レベルバイブブースト9gと11gを数投だけキャスティングしてみたが、9g以上ならブレーキ設定は神経質にならなくても大丈夫な感じ。

18 アルデバラン MGL 30HGにはフロロカーボン12lbを基本に考えていて65m巻けるから、まあ大丈夫。今のところ、レベルバイブブーストを14gか18gで50〜60mロングキャストできればよいと考えている。これ以上のロングキャストは、より重量のあるルアーでパワーバーサタイルタックルの担当だし。(2019年9月3日現在)

h_ahli

関連記事一覧