ベイトタックル・1610M

G.F. blog
ロッド:シマノ ポイズンアドレナ(POISON ADRENA)1610M-2(2019.8入手)

全長(m):2.08

 仕舞(cm):106.5 継数(本):2  自重(g):107 ルアー重量(g):7~21 ライン:8~16lb

ベイトタックル・172MHは、パワーと遠投のためのロングバーサタイル用として組んだタックルだが、今のところ大きなフィールドに行った時しか出番がない。あとは秋冬になればバイブレーションの遠投用に活躍する見通し。ただ、せっかくのカルカッタ コンクエスト DC 200をもっと使いたいという思い。

一番使っているベイトフィネスタックルは、2g前後からレベルバイブ ブースト7gの遠投まで申し分ない使い勝手。しかし、なにぶんカルカッタ コンクエスト BFS HGには40mしか巻いてない。ちょっと力むとラインが出切ってしまってガツンと衝撃。これはさすがにスプールを痛めかねない。そのため、ベイトフィネスタックルとパワーバーサタイルのベイトタックル・172MHの中間にあたるタックルの必要にせまられた。

そうすると、カルカッタ コンクエスト DC 200を活用できるベーシックなバーサタイルロッドしかない。となると選択肢はいたってシンプル。

メーカーはやっぱり揃えたいのでシマノ。

硬さはベーシックなバーサタイル用なのでM。

長さは、打ちも遠投もこなせる、やはりベーシックな1610。それに取り回しのよい2ピース。

グレードはこれまで通りコストパフォーマンスのよいエクスプライドでもよかったが、少しだけ上位グレードってどんなものかな、と気になる。で、必然的にあっさり『ポイズンアドレナ 1610M-2』に決定。

メーカーの紹介では、「バーサタイルロッドとして高い評価を得た1610M-2を最新のテクノロジーでリメイク。オープンウォーターのロングキャストはもちろん、点撃ちの精度も大幅に向上しました。」ということ。

これで、明確に「ベイトフィネス」「バーサタイル」「パワーバーサタイル」と目的に合わせたタックル選択ができるようになった。

シマノ ポイズンアドレナ(センターカット2ピース)1610M-2
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

 

リール:シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200(2019.4入手)
ギヤー比:4.8 巻取り長さ(ハンドル1回転/cm):57 最大ドラグ力(kg):6.0 スプール寸法(径mm/幅mm):38/22

ベアリング数(BB/ローラー):12/1

自重(g):260
標準巻糸量(lb-m):14-145、16-120、20-100 ※ナイロン、フロロ、PEに対応
使用ライン:フロロ16lb(クレハ シガー フロロマイスター)

リールはベイトタックル・172MHの「シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200」と共用なのでこちらを参照

シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
クレハ シーガー フロロマイスター 16lb 240m
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

実釣したらまた追記します。(2019年ん8月9日現在)

h_ahli

関連記事一覧