ヘビー バーサタイル タックル/new

G.F. blog

旧パワーバーサタイルタックルのエクスプライド172MHは、投げ込むと非常に使いやすかったので当分ロッドを変更するつもりはなかった。ところが年を明けて新製品や追加の番手の情報がでてくるとカタログを見直したり。ちょうどこの時期、TM70トリゴン(31.5g)をよく投げていてエクスプライド172MHだとギリギリっぽい。次にパワーバーサタイルタックル用のロッドはHにしようかなと品定めしていた。

ベイトフィネスにバンタムを使っているが、ちょっと重めのバンタム(エクスプライドのBFSと同じ100gだけど)とカルカッタ コンクエストBFSの重さのバランスがちょうどよくて非常に気に入っている。ただバンタムのHとなると細腕のボクにはカルカッタ コンクエスト DC 200との組み合わせはどうもハードなイメージ。ポイズンアドレナは前回のこともあって、カルカッタ コンクエスト DC 200にはライトすぎるイメージ。

で、きっとポイズングロリアスならぴったりだろうと妄想しはじめる。172Hと少し迷ったが、けっきょくバーサタイル性があって遠投向きな170H+が欲しい!と思い込んだ挙句に入手してしまったというわけだ。

シマノ 18 ポイズングロリアス(POISON GLORIOUS)170H+ -WILD STINGER-(2020.1入手)
全長(m):2.13  仕舞(cm):182.0 継数(本):2  自重(g):120 ルアー重量(g):14~56 ライン:12~30lb

メーカーの商品紹介では、「大遠投、フッキング精度、リフトパワーを追求したディープレンジ攻略のためのパワーバーサタイルロッド。ジグ&ワームのほか、ビッグスプーンやスイムベイトにも高いレベルで力を発揮します。」ということ。
追記(2020年9月15日)/このタックルはもともと「パワーバーサタイル タックル」でしたが、ロッドの固さがH(ヘビー)なのでタックルの仕分け上、単純に『ヘビーバーサタイルタックル』と変更しました。

届いたのは1月末。感染症の問題で世情が騒がしくなってきた頃とかさなり、仕事優先であまり釣りに行けてない。それでも何度かTM70トリゴン(31.5g)等の重いルアーを投げてみているが、明らかにエクスプライド172MHよりもさらに先へ遠投できるものだからビックリ。実際には、どうしても届かなかった対岸まであと5mくらいだなぁという場所でギリギリまで届くようになったのだから間違いない。

シマノ 18 ポイズングロリアス 170H+ -WILD STINGER-
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

リール:シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200(2019.4入手)
ギヤー比:4.8 巻取り長さ(ハンドル1回転/cm):57 最大ドラグ力(kg):6.0 スプール寸法(径mm/幅mm):38/22 ベアリング数(BB/ローラー):12/1 自重(g):260
標準巻糸量(lb-m):14-145、16-120、20-100 ※ナイロン、フロロ、PEに対応
使用ライン:フロロ16lb-20lb(クレハ シガー フロロマイスター)

リールはベイトタックル・172MHの「シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200」と共用なのでこちらを参照

シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
クレハ シーガー フロロマイスター 16lb 240m
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

関連記事一覧