夏のバスフィッシング、日焼け対策

G.F. blog

春先くらいから日差しの暑さを感じて帽子をかぶるようになり、ギラつき防止で偏光グラスも新調。社会人になってずっとデスクワークだからずっと色白と言われていたのに6月にふと気がついたら右手(左利きなので)に腕時計のあとが…。普段は文字盤の大きいカジュアルなプロトレックをつけているせいかちょっと目立つ(汗)。それに長袖を着ていてもUVが透けているようで少し肌が浅黒くなってきたし、とくにメガネの下の顔半分だけの日焼けはさすがにまずいと思った。

その後は、バスフィッシングに行くときに日焼け止めを顔と手の甲に塗るようになったけど、汗をかくと目にしみるはベトベトするわで不快極まりない。そこで上半身の日焼け万全対策を真剣に検討。

 

まず、おさらい。春に買った帽子。キャップ型は日差しを避けられないので最初からハット型。毎年、夏の庭の水撒きで蚊やブヨ対策にネット付きハットを使っているけど、釣り用のハットを車に積んでおきたかったので新たに入手。表面はシンプルだけど撥水だし内側が迷彩柄のメッシュで悪くないし、リーズナブルだったので。

もう何度か洗っているけどやわらかくなっていいかんじ。ポケットに突っ込んで、現地でかぶっている。汗もよく吸ってくれるし、深さも少しあるのでヘアースタイルもあまり崩れないのがいい。

タカミヤ REALMETHOD 撥水サファリハット TG-8554
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

春に作った偏光グラスは普段でもかけれるようにグレー濃度40%にしたけど、初夏からさずがに遮光が弱く感じ、夏用に濃いのを新たに作った。

夏用はブラウンで濃度80%にした。ブラウンはどんな状況でも黄昏時みたいにみえるけど、炎天下でも眩しくないしグレーと違って日陰に入っても明るくみえる利点も。

ちなみにフレームは、ストックしていたless than human(レスザンヒューマン)のエレキングを使った。ボクはもともとメガネ好きで普段はシンプルなSilhouette(シルエット)ばかりだが、なぜか最近少し派手目を好み、とくにサングラスにはless than human(レスザンヒューマン)がお気に入り。

less than human(レスザンヒューマン)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

で、今回あらためて日焼け対策用に調べて考えに考えて、3点入手。ことにかく基本はUVカットでクイックドライ&冷感素材。さらに売れ筋で高い評価が多いのが基準。

とにかく夏のバスフィッシングは、肌の露出は極力なくしたほうがよく、日焼対策にも暑さ対策にも過労対策にも虫刺され対策にもと、いいことづくめなのだ。

 

まず、ウェアから。これまで暑くても一応長袖を着ていたのだけれど、普通の服じゃ透過して上半身が薄っすら日焼けしていた。どんな素材がいいか調べたら、アウトドアスポーツ用がよいということで、バックスポットのラッシュパーカーにした。商品説明では、

・紫外線防止指数は最高値のUPF50+
・UVカット率95%以上
・軽量&ストレッチ
・冷感素材、クイックドライ

とりあえず一番リーズナブルなタイプを選んだが、思った以上に着心地いい。一応、汗対策にメッシュのTシャツをインナーに着てすでに何度か着用しているが、軽くて動きやすくてひんやりして不快感がなくてとても気に入っている。虫さされも今のところない。それでも汗はかくし、匂いは虫を誘うので毎回ネットに入れて洗濯はしている。薄い水着のような素材なのであっという間に乾く。着用頻度が高いので、ボロくなったらもう少しグレードのよいのにしてみるつもり。カラーはブラックはさすがに暑苦しいのでボクは少しライトなCHというブルーグレーにした。

バックスポット ラッシュパーカ VA-4012
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

ウェアの次、露出する手の甲をどうするか。指先が空いているグローブは持ってるけど、キャッチ&リリースする際にどうしても手が濡れるから蒸れる。なにかいい釣り用グローブはないものかと、手のひらが解放している鮎グローブを見つける。ただ手首は露出。

そして、ハンドカバータイプを発見。ロングタイプなので手首も露出しない。ハンドカバーをつけてウェアを着れば完璧だ。ウェアと同じく実践で何度も着用済みだが、グロープタイプより開放感と操作性がよいうえにしっかり日除け、この上ない。

クイックドライで蒸れないし、リリースのときは装着したままでもほぼ濡れない。それにハンドカバーは、親指と小指にゴム紐をかけて手に固定しているだけだから、必要なときは簡単に外して腕までちょっとまくれる。冬でもいけるのではないだろうか。カラーはブラックのみ。商品説明では、

・サラサラ吸汗速乾
・ひんやり涼しい冷感素材
・立体断裁なので指を曲げているときはすっぽり隠れ、指をのばせば露出。
・手のひらは開いているので繊細な作業も可能

UVカット ハンドカバー
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる


残るは顔下半分用のフェイスカバー。最初は釣具メーカーのものを考えていたが、肌に密着して息苦しくみえるし暑そうな気が。調べたらすぐによいのを発見。どのショップでも売れ筋でリーズナブルだし、カラーも豊富。ボクはウェアがブルーグレーなのでブラックで引き締め。商品説明では、

・ゆったりしたつけ心地なのに上下に隙間をつくらない。
・UVカット率98%以上、UPF50+
・サラサラ吸汗速乾
・ひんやり涼しい冷感素材
・調節ドローコード付き
・ズレないイヤーフック付き

キックス ポンタペス ネックガード PAA-850
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

これで上半身の夏対策はバッチリ、なはず。11月まではインナーを調節すれば大丈夫だろう。

下半身は季節を問わず、動きやすいようにユニクロのストレッチの効いたスキニージーンズで足元は靴下をパンツにかぶせて虫が入ってこないようにし、フィーフドはどこも滑りやすいので登山対応のトレッキングシューズを履いている。

h_ahli

関連記事一覧