新月の大潮は子バス祭りだった

G.F. blog

タイミング悪く仕事が重なり困ったが、4月5日が新月で4・5・6の3日間が大潮だったので検証的にどうしても行きたかった。で、耐えられず4日と5日それぞれ30分だけいつもの皿池へベイトフィネスタックル持って強行釣行。

こないだの大潮の時は小型スピナーベイトのネクロマンサーが当たりだったので4日もネクロマンサーだけでシャロー側から巻きまくったが釣れない。3投くらい投げては移動し、結局池の深場の中央で20cmくらいの小さなバスが2匹続けて釣れたところで時間切れ。

翌日、新月の5日は違うルアーでもと考え、やっぱりキラキラのスピンがあったほうがよいかなと思ってレアリススピン35(7g)のクラウンでやってみた。

前日より少ない投数でさっさと移動しながら巻いて行くがやっぱりなかなか釣れず、けっきょく一番奥にまでたどり着いて投げたら中央より少し手前で連続3匹、また小さい20cmくらいの小バスが釣れて時間切れ。時間があれば結構釣れたのではと思う。

たぶんスポーニングにはまだ早いサイズのバスが浮いていたのが釣れたのだろう。大潮との関連にはまだピンときてないので、とりあえず今後もなるべく大潮の日にあわせて検証してみたい。

 

▼いつもの皿池/4月4日/晴れ(AM12:00〜PM12:30、水面温度16.6℃)
       /4月5日/薄曇り(AM12:00〜PM12:30、水面温度16.5℃)

 

〈速報〉

今年初めについ『シマノ 17 カルカッタ コンクエスト BFS HG』を入手したことでベイトフィネスタックルを導入することになったが、当然あまりに使いやすくてほとんどこのタックルばかり使うことになってしまった。

そんななか、3月に『シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200』が新発売され気になって気になってしかたなかった。ボクの好み的にもちろん『ダイワ 19 ミリオネア CT SV 70H』も気になったがこっちはベイトフィネスだったし、外観的にもすでに持ってるカルカッタ コンクエスト BFS HGのほうが断然好みなのですぐに却下(一応いまのところだけど)。

そして数週間悩み抜いて、またもやポチッとやってしまって…、今日届いた!

同じシリーズなのでカルカッタ コンクエスト BFS HGと並べてみたら…、意外!続きは、また明日。

h_ahli

 

ティムコ ネクロマンサー(45mm/6.5g)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
デュオ レアリス スピン(30mm/5g、35mm/7g、38mm/11g、40mm/14g)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
シマノ 19 カルカッタ コンクエスト DC 200
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

関連記事一覧