完結ワーム!?『リトルスパイダー』

G.F. blog

6月7日(金)、この3日前に作った直リグ(ゼロダン)を試そうとメジャーな野池へベイトフィネスタックル持って12時過ぎに行った。本当は北山貯水池へ行きたかったが今日は余裕がないのでここへ。到着するとすでに先行者が一人オーバーハングエリアへ進んでいたため、ボクは逆のオープンウォーターエリアへ進むことにした。

この野池はハイプレッシャーだとよく聞く。オカッパリできるのが全岸の1/3くらいで、残り2/3くらいにあたる対岸は険しい森で踏み入ることができないブラックバスにとっては安全なエリア。オカッパリエリアでは50クラスは希少で40オーバーも滅多に釣れないが、きっとそんな大きくスレてないバスが対岸にうようよ潜んでいるに違いない。気まぐれで回遊しているのがボクにもいつか運良く釣れればいいのだけれど。

第一目的の直リグを使おうかと思っていたが前回来た時はボウズだったので、まずは新しく手に入れた小さいワームのネコリグで探ってみることにした。

先日、一番気に入っていたビビビバグ2.6inchのストックがとうとうなくなっていたので、直リグの材料を買う際にエビ系ワームを物色していたら、ケイテック『リトルスパイダー』極小2inchに目が止まった。なんだか虫にもエビにも小魚にも見えるし、スカート付きなのでこれならスモラバと組み合わせる必要がなく、ジグヘッドリグでよさそうとだと思ってカメレオンスモークを入手。今日は、リトルスパイダー2inchのネコリグ1つ、ジグヘッド(1g)リグを2つ、計3つ持ってきてた。

前回来た時までは草が茂っていい感じだったが、今日はちょうど草刈りされたばかりでほとんどシェードがない状態。とにかく進みながら前方岸から2mくらい1mくらい岸ぎりぎりと3投くらいサーチしながら10mづつくらい進もうと考える。で第1投、なんとあっさり釣れた。18cmくらいの子バスだけど釣れないよりマシ、うれしい。

さらに進みながら同じような子バス1匹釣れ、1匹バラし。ここでワームだけ持ってかれネコリグをロス。次にジグヘッド(1g)リグを使いはじめる。

オープンエリアの最終絶好ポイントの竹のオーバーハングで、さらに子バス1匹釣れた。しばらく粘るが反応なしで何箇所か竹藪の中からも落としてみたが1匹バラしのみ、ここで引き返す。ややワンドぎみなポイントまで戻り、また子バス1匹釣れた。そのあとにまた子バスがかかり抜きあげたら、どうもスナップのロックが外れていて子バスは足もとにおちたもののジグヘッドが口から外れて飛んでポッチャン、ショック。

残り1つのジグヘッド(1g)リグをスナップに取り付け、今度はしっかり確認。すぐに、これまでより大きいのがヒット。抜きあげたら久しぶりの30cm以上。これはメジャーに乗せて撮らないと、と、メジャーシートを広げていると急に体ことバタバタはねられ思わず手を放してしまって斜面を転がり池にドボン、やれやれ。写真は撮れなかったが、ま、とにかくうれしかったし…。少し移動して気を取り直して巻いているとまたもや30cmクラスヒット!が、寄せてるうちに体をくねらせバラしてしまった。

前方を見ると先行の方が戻ってきていたので挨拶と少し会話すると、35cmくらいのが釣れたということ。ここで場所を入れ替わりボクはオーバーハングエリアへ。フォロー的になるので引き続き、ジグヘッド1g+リトルスパイダー2inchを使うことにした。やはりバイトの兆しもないのでポイントポイント執着せず、数投撃ちながらさっさと進み、奥のワンドぎみなシェードのポイントでようやく24〜5cmのが釣れた。小さいサイズだがさっき測れずじまいだったので、悔し紛れに一応撮る。

これが釣れた時、リトルスパイダーの尾が片方切れたので持ってきた最後の3つ目が終了。やっと本来の目的、ビビバグ2.6inchやブルフラット2inchの直リグを使うも無反応。奥はヒシのウイードエリアでまだまばらなものすぐにヒシの茎に引っかかり難なく抜けるものの釣りにならないのでスモラバに交換してみるが、けっきょく見切りをつけて撤収。

今日2時間の釣果は、子バス5匹、30cmちょい1匹、24cm1匹、計7匹。バラシもけっこうあったが全部、このちっこいリトルスパイダー2inchのみ。シビアなフィールドでもこの反応は正直、予想をはるかに上回り驚いた。リトルスパイダーの水中アクションは、ヘッドの繊細な16本のスカートが閉じたり開いたり艶めかしく、少し長めのダブルテールはピリピリ俊敏に、そしてヒラヒラ・ユラユラしたり。なんでも天地逆にしても釣れるらしい。撃ちでもスイミングでもよし、あらゆるリグに合い、いろんなベイトに化ける完結ワームだった。

フィネスベイトにおける完結ワームとして驚かされた『リトルスパイダー』。調べてみると2000年からのロングセラーだということ。一旦、2011年くらいから生産中止されていたらしいが2014か5年頃に若干改良されて再販スタートとなったもよう。なんでも生産中止中、リトルスパイダーが大人気だったアメリカで別のメーカーにパクられた逸話もあるらしい。2018年には新カラーも登場し、根強い人気があるそうだ(キャリアのないボクが知らなかっただけ)。

たまたま目に止まり、実は完結ワームだったケイテック『リトルスパイダー』に偶然出会えて本当にラッキー。またなにか新しい発見をするための情報収集は必須だが、たまには先入観ない直感も悪くないと思った出来事だった。

h_ahli

 

追記/とても気に入ったので3種を買い足した。左上が最初に入手した2inchカメレオンスモーク。新しく入手したのが、右上2inchブルーギルフラッシュ、左下2inchグリーンパンプキンペッパー、右下3inchゴールドフラッシュミノー。実際に並べてみると角度で色が赤にも緑にも青にも変わるカメレオンスモークですべてのカラーを補える気がするし、一番好き。2inchはカメレオンスモークの買い足しだけでよかったかな。1つだけ3inchを入手したのは、直リグ用(3.5gシンカーのに)。

 

ケイテック リトルスパイダー(2inch、3inch、3.5inch)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
カツイチ デコイ ボディーフック ワーム23(#1/0、#1、#2、#3、#4、#5、#6)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
カツイチ デコイシンカー タイプネイル DS-10(0.6g、0.9g、1.2g、1.5g、1.8g)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
オーナー オカッパリヘッド JH-38(#1:1/32oz・1/16oz・1/12oz・1/8oz、#4:1/32oz・1/16oz・1/12oz・1/8oz)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

関連記事一覧