10月のマイブーム『ファットウィップ/3inch』

G.F. blog

これまでボクが選択してきたワームはこれは!と思っても、その先はどうも一長一短があり、使いどころを見極めてのものなんだなと感じていた。時期やタイミングを間違うと一変して釣れなかったりするから。

ワームについてはまだまだ模索中なのだが、中でもストレートワーム系は使わず嫌いでなんか苦手でこれまで使ったことがないのだが、何気にはじめて手にしたのがレイドジャパン ファットウィップ/3inch/テナガエビ。

(ボクは現在、上の写真の4カラーを使用中。左上/テナガエビ、右上/グリーンパンプキンシード、左下/ダークシナモンシャッド、右下/ゴーストシュリンプ)

ショートボディで約5gと少し重めで一見、硬めな印象だったが、意外に尾はプルンプルン。メーカーの説明には“ベイトフィッシュやエビなど、そのフィールドのメインベイトに“化かす”事が可能です”とある。

どんなリグでも合う万能ワームだということだったが、とりわけ、ワッキーリグやライトテキサスリグやネコリグによく使われる様子。中でもボクが一番気になったのがネコリグ。なんでも、ただ巻きでバイブレーションとしても使えるらしい。その名も“ネコバイブ”!

ボクのはじめてのセッティングは、頭側にタングステン1.8gのネイルシンカーを入れ、中央の胴から頭側のくびれにOリングM(直径5mm)を通し、腹側(ファットウィップ3inchの断面は三角形で平らな面が背で頂点が腹)からパワーワッキーガード#4を刺す。こうすることで通常のネコリグだけでなく、ただ巻きすると尾がブルブル震えながら泳ぐバイブレーションとしても使えるとのこと。(実釣すると、次第に身切れするから刺し場所を変えていくけど、意外にどの場所に刺しても巻きスピードさえ気にしていればネコバイブしているので、最近は針の刺し位置をあまり気にしてないことがある)

10月初旬、いつもの皿池ではこのファットウィップ3inchテナガエビのネコリグでシャローのオープンエリアからカバ打ちまでとにかく釣れた。オープンエリアではネコバイブでただ巻き、カバーやシェードではネコリグでネチネチして回収でただ巻きネコバイブ。とにかくそこにブラックバスがいればどちらのアクションでも食ってくる。20cm程度のブラックバスでも丸呑み。

メジャーな大きな野池は出会うアングラーにうかがうと、10月に入ってからはアングラー常に多いらしく、入れ替わり立ち替わりで午前中から夕方までずっとハイプレッシャー状態だということ。ボクは10月に入って2回行ったが、必ず数人いる状態だったので、先行者と干渉しないように気をつけて後追いでポイントに入る。ボクは、ベイトフィネスタックル1本でマイブームなファットウィップ3inchのネコリグオンリーで攻めた。結果は、あっさり数匹釣れて、このボクが他のアングラーにちょっと優越感を感じるいい思いができた。

最初に手にしたテナガエビカラーがあまりに釣れるので次にグリーンパンプキンシードを入手するも、やっぱり釣れる。10月に入ってこの2色ばかり使って釣れるからさらにダークシナモンシャッドとゴーストシュリンプを追加。

ところが台風や雨が続いた10月中旬前から、いつもの皿池では釣れにくくなってきた。さらに気温差が大きくなり秋のターンオーバーになっているのかな、と感じる頃にはシェードやカバーでもぱったり釣れなくなる。

そこで別のリグも使ってみようと、フリーリグとワッキーリグもやってみることに。フリーリグはテキダンシンカーの5gか7gにTNSオフセットフックの#1/0をセッティング。ワッキーリグは、インチワッキー アイガード1/16(1.8g)を使用。

あと写真上のネコリグのフックは、今はパワーワッキーガード#4からモスキートヘビーガード#0に変更した。パワーワッキーガードはすぐにガードがグニャグニャになるのでモスキートヘビーガードに変えてみたが長持ちしてすごくいいし、とくにフッキングも問題ないしで気に入っている。

ワッキーリグまだ使う機会がないがフリーリグに関しては10月中旬以降、定番になっている。ターンオーバーからまったく釣れなかったのが1時間でなんとか2〜3匹は釣れるようになった。いつもの皿池は浅いからテキダンシンカー5gがちょうどよい。ほんと現状、この時期有効なはずのスピナベやスコーンリグ、ちょっと早いかなと思いつつバイブレーションまで試すも釣れない中、ファットウィップ3inchのフリーリグだけは確実に釣れるから、10月はホントずっとファットウィップ3inchばかり使用している状態。10月中旬以降はまだメジャーな大きな野池に行ってないので、近日行ったらまたどんなリグがよかったか更新できたらしたい。

それにしても、もうすぐボグがバスフィッシングを再開してから1年。11月になって秋が安定してきたら去年みたいにどんなルアーでもよく釣れるようになるのかな?それとも去年はたまたまよく釣れる年だったのだろうか?今の状態であと1週間そこらでそんなに変化があるとは思えない今日この頃なんだけど。

h_ahli

 

追記(2019.10/30)


ファットウィップ3inchのネコリグどうしても1点にリグの重量がかかるせいか多くても4匹、元気のいいバスだと1匹釣れるだけでワームがちぎれてロスしてしまうのが悩み。そこでなんとか補強できないかと考えた末、内径2.5mmの自作バネを5〜6mmの長さに切り、フックを刺す腹側にねじ込んで補強することにした。そしてこれまで通り、オーリングMを通してフックをバネに通過させてセッティング。これで持ちがだいぶ違うはず。

 

レイドジャパン ファットウィップ 3inch(約5g)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

 

コーモラン Oリン具 M(直径5mm)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
モーリス モスキートヘビーガード #0
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
カツイチ デコイ テキダンシンカー(5g、7g、9g、11g、14g)
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
フィナ TNS オフセット #1/0
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる
ザップ インチワッキー アイガード(1/32(0.9g)、3/64(1.3g)、1/16(1.8g))
「楽天市場」で調べる
「Amazon」で調べる
「Yahoo!ショッピング」で調べる

関連記事一覧